歯周病

成人約80%歯周病または予備軍だといわれています

歯周病というと高齢者がかかる病気のイメージがあるかもしれません。しかし実際には20代の方にも症状が見られ、予備軍も含めると成人の約8割が歯周病にかかっているといわれるほど蔓延しています。その原因の一つは、ごく初期段階には自覚症状があらわれず、静かに進行してしまうからです。

杉並区荻窪の歯科医院「アスナデンタルクリニック」では、日本歯周病学会に所属する院長を中心に歯周病治療や予防に力を入れています。「歯ぐきの腫れ」「歯ぐきからの出血」「強い口臭」「歯のグラつき」など気になる症状がある方は、お早めにご相談ください。

歯周病になる原因

ホームケアの磨き残し

ホームケアの磨き残し

生活習慣

生活習慣

初診からの診療の流れ

歯周病菌(悪玉菌)の増殖

実際の歯周病検査結果(動画)

初診からの診療の流れ

歯周病菌が増殖すると・・・

血液中に歯周病菌が入る
血液中に歯周病菌が入る

血液中に歯周病菌が入り、悪さをします。それによって全身疾患のリスクが高まります。
発生するリスクの例

  • 動脈硬化
  • アルツハイマー型認知症
  • 腎疾患
  • 低体重児出産 等
歯周病・歯肉炎になる
歯周病・歯肉炎になる

歯周病は重症化しないと自覚症状になかなか気づくことができない病気です。実際に日本人の80%がかかっていると言われています。

初診からの診療の流れ

歯周病になると・・・

炎症性サイトカインが産生される

血管内にてインスリンの働きを抑制させ、糖尿病になりやすくなってしまう。

身体の免疫力が低下する

身体が常に細菌と戦っている状態になってしまうため、免疫力が低下する

  • リンパ球が減少する

風邪、インフルエンザのリスクが上がる

  • NKcellが減少する

ガンのリスクが上がる

局所(歯肉・歯槽骨)の破壊
  • 歯周ポケットが深くなる

→ブラッシングがしづらくなり、細菌が増えやすくなる

  • 歯槽骨の吸収

→最終的には歯がグラグラする

※歯槽骨とは、歯を支えている骨の事

歯周病の初期治療

口腔内の細菌コントロールを行い、歯周病菌を口腔内から減らしていきます。

歯科衛生士によるブラッシング指導

衛生士が正しいブラッシング方法を指導し、お家でのホームケアをより効果的にします。

歯科衛生士によるブラッシング指導
POICウォーターによるホームケア

POICウォーターを活用したホームケアを推奨しています。

POICウォーターについて詳しくはこちら

POICウォーターによるホームケア
歯科衛生士による歯周ポケットの感染物質(歯こう・歯石・バイオフィルム)の除去

衛生士の手で除去を行います。

歯科衛生士による歯周ポケットの感染物質(歯こう・歯石・バイオフィルム)の除去
歯科医師による清掃困難部位の解決

歯科医師が清掃が困難な部位の感染物質を除去します。

歯科医師による清掃困難部位の解決
初期~中期の歯周病はほとんどがここまでの治療で解決します!
治療前の口腔内
治療後の口腔内

口腔内の歯周病菌が減少しました。このタイミングでかぶせ物などの治療をするのがベストです。

それでも問題が残る場合は歯科医師による治療を行います
高度な歯周外科手術(再生療法)

外科処置により、深い歯周ポケットの中を確認しながら歯石や汚染物質を除去します。必要に応じて歯槽骨を再生する薬を処方します。当院の院長は歯周病治療の見識を深め、常に新しく優れた技術や治療法の習得に努めています。日本歯周病学会に所属し、より質の高い歯周病治療をご提供できるように、日々研鑽を積んでいます。

高度な歯周外科治療
レーザー再生療法
レーザーペリオ

レーザーを活用することにより、麻酔やメスを使わず清掃困難な深い歯周ポケットの中を、レーザーの光殺菌作用を用いて細菌を除去することが可能です。

レーザーについて詳しくはこちら

〒167-0051 東京都杉並区荻窪3丁目47-15

診療時間
10:00-13:00 -
14:00-18:30 -

休診日:水曜日

03-6915-1627

WEB診療予約

top