身体に負担をかけない治療

  • ホーム
  • 身体に負担をかけない治療

患者さん身体への負担
できるだけ
抑える治療ご提供します

杉並区荻窪の歯科医院「アスナデンタルクリニック」では、患者様にできるだけ負担をかけない治療を心がけています。治療のためとはいえ、歯を削ることは、口腔内だけでなく身体に負担をかけてしまいます。

そこで、当院ではプラズマレーザーシステム「Nd:YAGレーザー(ストリーク)」というレーザーで虫歯や歯周病の治療を行うことにより、負担の軽減に努めます。

プラズマレーザーシステムで治療の負担を軽減します

プラズマレーザー

プラズマレーザーシステム「Nd:YAGレーザー(ストリーク)」は、光殺菌作用と組織の鈍麻作用を持つ医療機器です。レーザーを使用することで、麻酔の使用を最小限にした状態で身体へに負担が少ない治療を行えます。

レーザーを用いた治療では、歯の切削を最小限にし、歯質を温存する治療が可能です。また、歯を強くする効果もありますので、虫歯の再発予防にも効果的です。

プラズマレーザーシステムの有効性
効果がある治療分野
虫歯治療、歯周治療、痛みの緩和、止血、虫歯予防のための歯質強化、
根管治療、メラニン色素除去、歯肉の切開など
特徴
1:痛みがほとんどない
プラズマレーザーシステムには、歯の神経の麻酔効果があります。一時的に感覚をマヒさせるので、麻酔注射が不要な場合がほとんどです。痛みを抑えた治療ができます。
2:歯質強化作用がある
プラズマレーザーシステムには、歯の表面のエナメル質や内部の象牙質の耐酸性を高める働きがあります。虫歯の原因菌が出す「酸」に強くなるので、虫歯予防に有効です。
3:根管治療に有効
重度の虫歯の根管治療では、歯の神経が入っている細く複雑な管の中の汚染歯質を除去し、すみずみまで除菌しなければなりません。プラズマレーザーシステムは、レーザーの力で根管のすみずみまで除菌でき、虫歯再発のリスクを抑えます
4:歯周病治療ができる
プラズマレーザーシステムは、進行した歯周病の治療にも有効です。 従来であれば麻酔をし、メスで切開して行っていた治療をレーザーメスを使用することにより、無麻酔でも痛みを最小限にしながら高いレベルで歯周ポケット深部の歯周病菌の殺菌が可能です。また、レーザーの方が治癒が早い傾向にあります。
5:なるべく削らない虫歯治療ができる。
レーザーの熱殺菌と除菌水を併用することによりなるべくドリルを使わずに患部を除菌しながら除去することが可能ですので、健全部分を極力残すことが可能です。 神経までギリギリの虫歯でも神経を残せる可能性が高いことも特徴です。

麻酔治療について

歯科治療で、多くの患者様が不安に思われることのひとつに「痛み」があります。痛みを取り除くために、当院でも麻酔を利用することはありますが、慎重に使用するようにしています。
その理由は、麻酔には血流を抑えてしまう物質が入っているため治りが遅い傾向があり、かつ、治療後しばらくは体内に麻酔が残っているため、多かれ少なかれ身体の負担になるからです。

当院では積極的に「レーザー治療」をご提供しております。レーザーは身体への負担が少なく、痛みを感じにくいのが特徴です。レーザー治療器を用いれば、麻酔に頼ることなく、痛みを抑えた治療を提供することが可能です。

もちろん、最終的にどのような治療にするかは、患者様のご希望を優先いたします。まずは、治療前のカウンセリングでご遠慮なくご希望をお伝えください。

〒167-0051 東京都杉並区荻窪3丁目47-15

診療時間
10:00-13:00 -
14:00-18:30 -

休診日:水曜日

03-6915-1627

WEB診療予約

top