医院ブログ

歯間ブラシを使っていますか?

歯間ブラシを使っていますか?

こんにちは、アスナデンタルクリニック受付の土肥です。

本日は歯間ブラシについてご紹介していきたいと思います。

 

【歯間ブラシとは?】

歯と歯の隙間が大きい場合などに歯間の汚れをお掃除するアイテムです。

歯周病や加齢で歯茎が下がってきてしまっている、ブリッジが入っている方など

歯ブラシでは落とすことが難しい歯の隙間のプラークを落とすことができるため歯間ブラシを使う事で8割以上もの汚れを落とすことができます。

 

ただ、歯間ブラシが入るほどの隙間がない状態の場合は歯間ブラシを使うとかえって歯茎を傷つけてしまったりすることがある為そのような場合は歯間ブラシよりも以前ご紹介した『デンタルフロス』を使うことをお勧めします。

 

また、デンタルフロスと同様に歯間ブラシを使用した際も菌血症(口腔内の細菌が体内に侵入してしまう現象)のリスクが高まる為、当院ではPOICウオーターを使って歯磨きをしてもらったあとの歯間ブラシでのケアをお勧めしています。

 

【歯間ブラシの使い方】

次に歯間ブラシの使い方についてですが、歯間用ブラシには何種類かサイズがありサイズ選びがとても大切です。

大きすぎる歯間用ブラシを無理に歯間に入れると歯茎が傷ついてしまう恐れもあるので

使う部位や歯茎状態にあわせてサイズを選んで使いましょう。

ご自分でどのサイズを選べばいいのかわからない時は担当の衛生士や先生に聞いてみてくださいね。

 

ご自分にあったサイズの歯間ブラシを見つけたら

1.まずは鉛筆を持つように歯間ブラシを持ち、歯茎を傷つけないように歯と歯の隙間に斜めに差し込みます。

 

2.歯間ブラシを水平にして歯の面に沿わせて2、3回往復させて汚れを除去します。

 

3歯間ブラシを入れた手前の歯と奥の歯と片方ずつの歯の面に軽くあて汚れを除去します。

 

歯間ブラシの毛が乱れてきたら新しいものに替えてください。

 

 

 

まとめ

歯間ブラシは歯と歯の間にある大きな隙間の汚れを綺麗にしてくれる便利なケアアイテムです。

いつもの歯磨きの後に使えば、歯ブラシだけでは取り除けない汚れや、歯石を除去して口内トラブルを予防してくれます。

まずは普段通りに歯磨きを行い、それから歯間ブラシを使ってみてください。

その日の汚れをその日のうちに綺麗にすることで口内トラブルとは無縁なお口づくりをしていきましょう!

 

一覧に戻る

〒167-0051 東京都杉並区荻窪3丁目47-15

診療時間
10:00-13:00 - -
14:00-18:30 - -

休診日:木曜日、祝日

03-6915-1627

WEB診療予約

top